仮想通貨が普及しているがICOには注意すべき

事例

みなさま、こんばんは☆
連日猛暑が続いてますねぇ~
熱中症だったり、冷房で冷えすぎたり乾燥したりといったこともありますので、お体お気をつけてくださいね♪
さて、私も誘いを受けたことがありますが、仮想通貨を使った投資。
会社が独自にトークンというものを発行し、業績に応じてトークンを持っている人に配当が回るという仕組み=(ICO)は慎重に選んだ方がいいです。
特にマルチ商法=(MLM)という、紹介をすると報酬がもらえるという話がでたら、疑うべし!

なぜ紹介料を払ってまで個人から投資してもらうのか?

ねずみ講

事業主が紹介料を払ってまで人を集めるのはなぜ??
それならまとまった資金をどっかから融資してもらった方がよくないですか?
どうもそこが引っかかるなぁ~というのが私の感想です。

仮想通貨は株に近い

現状では仮想通貨も安く買って高く売れば儲かるという仕組みです。
価格の変動は株では考えられないほどのものでした。
今後は価値の変動をどう抑えるかというのが課題になると思われます。
普通に何かの購入で使えるとなれば、なおさら!
Amazonやビックカメラでビットコインが使えるというのは話題になりましたが、当然お店側も、その時のビットコインの価値によって大きく影響を受けますので、いい話とも言えないのが現状ちゃうかなと思います。

仮想通貨で投資をして、仮想通貨で配当をもらう

トークンのやり取りは基本的に仮想通貨が多いです。
投資する人は仮想通貨でトークンを買い、配当も仮想通貨でもらいます。
なかには企業側がトークンを買い取ってくれる仕組みもあるようですが、元本保証のようなことを言っていたとしたら、やや警戒すべきかな~
そもそも事業が成功するかどうかの保証はないのに、すべてを払い戻すことができますかねぇ~
それから月利が高い場合も大丈夫って疑っちゃいます( 一一)
そんなにいい話なら人を紹介する必要はない!

どんなトラブルが起こりうるか?

万が一詐欺に引っかかってしまたら、どんなことが起こるんかな~、と思い調べてみました☆

・高額な手数料を取られる。
事業が成功しなかったという理由で払い戻しをするが、その際にビットコインに両替するための手数料として必要以上に取られてしまう。
ICOに関しては法整備がまだまだ不十分なため、取り締まりも難しいのが現状。

・架空のビジネスで資金を集めて、逃げてしまう。
これは事業者の情報が不十分な場合に多いそうです…
ネットで検索しても人物がヒットしなかったり、架空の会社や人物だった場合など。
会社自体がペーパーカンパニー(書類で登録しているだけで場所は持っていない、もしくは○○ビル△階といったあいまいな場所を書いておいて、バーチャルオフィスだから、具体的な部屋は決まっていないといったもの)だった場合はよく調べた方がいいですね。
全てが詐欺かどうかはわかりませんが…

・自作自演行為
将来性のある事業を見つけると、わざと誹謗中傷や虚偽の事実をネット上に書き込みます。そして、いま保有しているトークンを手放すようにと言葉巧みに持ち掛け、安値で買い叩きます。その後値上がりすると一斉に売りさばき一人勝ち状態を作り出そうとしています。
もうICO詐欺に騙されない!7つの事例から読み解く6つの見分け方
https://topcourt-law.com/virtual_currency/scam_example_how_to_distinguish

トラブルに巻き込まれないためにも、よくネットで調べた方がいいですね。
もちろんネットに転がっている情報を全て鵜呑みにするのも危険です。
この情報は誰が発信しているのか!?
そこが大事だと思います!
よくわからない、明かされていない場合には注意が必要ですね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
メルマガもやってます。登録よろしくお願いします!

*******************
ブログでは書かない、メルマガ読者様に向けた限定公開の、ちょっといつも以上に踏み込んだことを書きます。
ほぼ週一でお送りいたします!
◆下記フォームにメールアドレスをご入力して送信ボタンを押してください(^^♪
*******************

メルマガ購読・解除 ID: 1687987
社会問題XYZ



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

コメント