資産運用初心者がやりがちな失敗

事例

みなさま、お久しぶりです♪

老後の2000万問題も一時話題になりましたが、資産形成は必要不可欠です。

そもそも2000万って誰が言い始めたんでしょうか?

実は金融庁がそろそろ国民に資産形成の意識を芽生えさせるために言いました。

それで麻生さんや安倍さんは困惑したわけです、おいおいそんなこと突然言うなよ!って感じで。。。

でも何らかの策は練っておかなければなりませんね。

しかも、2000万というのは現時点の年金の額で、寿命は65歳から30年間ですので、95歳と仮定して、介護施設に入ったり、大きな病気をしたりしない前提で計算されています。

当然みんなに当てはまるわけではありません。

そんな中、資産運用をやる上での失敗をさけるため、色々と勉強していくことは多いです。

短期間で考えすぎてないか?

私も勉強中なので、あまり詳しくは言えませんが、一つ参考になるのは、ちょっとした値動きで不安になる人が、すぐに売りに走ってしまうのは、もったいないということ。

投資信託もそうですが、長期で運用していくことが大事になります。

それも複利での運用。

複利運用ってなに?っちゅう疑問がでると思いますので、簡単にご説明。

10万円を投資して、12万になったとしたら、利益は2万。

単利運用だと、2万は現金化するなりして運用はしません。

つまりまた元本の10万で運用していくわけです。

複利は12万をさらに運用して増やしていくのです。

そうすると雪だるま式にどんどん増えていくという理屈です。

それも長期で運用すればするほど増える額もどんどん上がります。

始めるのが遅い

これもよくある話ですが、定年まで残り少ない人が運用をしてもあまり増えないというのが正直なところ↓↓↓

でも若い頃って余剰資金があまりない。。。

ごもっともです。

だから少額でもいいので、始めるのは早いに越したことはありません。

無理なくできる額で、あくまで余剰資金で!

絶対に儲かる投資はありません。

余剰資金はどうやって作るか?

まず、浪費癖のある人は資産運用以前の問題ですね。

やたら買い物をする人、何度も銀行から引き出す人。

こういう人は、お金の使い方から見直してみる必要がありそうです。

あと、ランニングコスト(固定費)を見直してみる必要もありそうです。

家賃の安い物件に住み替える、スマホは格安シムに乗り換える、インターネットを安く使える物件に住む、社宅がある人は積極的に利用するなどなど。

あと、電気と電話とインターネットをまとめると安くなるなら、そういったものも検討してみるのも手ですね。

それから、お金のある人ほど物はあまり持たないというのも事実なようです。

実際お金がないと言っている人の家に行くと、結構ものを持ってます。

衣類なら似たようなものをいくつも持っている、iPadはあまり使わないのに持っている、本や漫画やDVDなどであふれている、DVDデッキ、、、パソコンあるならそれで良くない?ストーブ、、、エアコンじゃダメなの?最近は電気代を安く抑えられるエアコンあるよ。

ここで提案、半年以上使わなかったものに関しては手放す!

オークションやフリマで売ってしまうというのも一つの方法。

結局あまり出番のないものって、いつまでたっても出番がないんです。

私もアパレル時代、結構服を買ってましたが、種類が多すぎて結局着ないものが多いんですよね~

反省しながら物を手放しましょう...

参考記事

「資産運用初心者がやりがちな4つの失敗」を投資歴約20年のベテラン投資家が語る
https://r25.jp/article/727692958327760062?utm_medium=social&utm_campaign=share_on_site&utm_content=app

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
メルマガもやってます。登録よろしくお願いします!

*******************
ブログでは書かない、メルマガ読者様に向けた限定公開の、ちょっといつも以上に踏み込んだことを書きます。
ほぼ週一でお送りいたします!
◆下記フォームにメールアドレスをご入力して送信ボタンを押してください(^^♪
*******************

メルマガ購読・解除 ID: 1687987
社会問題XYZ



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

コメント